ブログカテゴリ:工事レポート|火災報知設備



2019/02/12
胎内市で旅館業のお客様からご相談を受け、外に乾燥機室を作り消防署に感知器の設置が必要と指導されたのでお客様は住宅用火災警報器を設置しました。しかし、この乾燥機室は旅館の増築工事にあたり住宅用火災警報器では法的にNGとなります。 自動火災報知設備の設置義務のある建物に感知器の増設工事または設置工事は有資格者による取付工事が必要となります。今回の工事では1個の増設工事ですが、消防署へ設置届を作成して提出しなければなりません。
2019/02/06
以前は、300㎡より自動火災報知設備の設置が必要な建物でしたが、平成19年1月20日の兵庫県宝塚市のカラオケボックスで発生した火災を受け、人命危険性の大きいカラオケボックス等の施設に対する防火安全対策の強化を図るため、消防用設備等の設置基準等の見直しを行うため消防法施行令等の改正を行いました。 現行法では、消防法施行令別表第一(2)項ニ、(16の2)項カラオケボックス、漫画喫茶、複合カフェ、テレフォンクラブ、個室ビデオ等に掲げる防火対象物の部分で、(2)項ニの用途に供されるものについては、規 模に関係なく自動火災報知設備の設置義務があります。
2019/02/01
長年懇意にしていただいているお客様(電気屋さん)からのお声掛けで、とある施設にお邪魔いたしました。 火災受信機の蓄電池不良とのことで調査に伺ったところ、かなり年季の入った防災盤にご対面となりました。
2018/12/12
事務所内の感知器が劣化して交換させて頂きました。感知器の寿命は、日本火災報知機工業会において正常な機能維持のため、自動火災報知設備の感知器の交換推奨年数を10年または15年(感知器の種類により異なります)と設定しています。弊社では、定期点検時に異常の見つかった感知器は交換をお願いしております。 今回、大型消火器の車輪の交換・誘導灯のバッテリー交換・誘導灯の交換・感知器の交換をご紹介させて頂きました。定期点検時に見つかる不良個所は早期改修をお勧めしております。
2018/12/06
消防設備関係の検査は、設置工事完了後4日以内に消防設備等(特殊消防用設備等)設置届出書を提出し、適合検査を消防機関立ち合いのもとに実施します。私たち消防設備士はこの検査が無事に完了すると達成感を感じます。今回の工事は厳しい現場でしたが、指摘事項や問題点も無く無事に検査済証発行に至りました。
2018/11/12
現場ではお部屋に入ると驚くほどの湿気がありました。宿泊のお客様が喉の保護なのか?浴室の扉を開けたまま長時間お湯を注いでいたので天井面まで水滴が付いた状態でした。 ※こちらの写真は後日交換に伺った時の写真です。 お部屋の中に設置してある煙感知器の中身は電子部品で構成されているので水分には弱いです。多少の蒸気であれば耐えうるのですが、天井面がびっしりと水滴を帯びている程となると交換しないと再度誤作動を起こしたり、または逆に不作動になることがあります。
2018/11/02
フラット型表示灯発信機です! 工事は順調に終わりました。表示灯の出っ張りも無くなり、表示灯と発信機は一体となり壁から突出しないデザインです。設置してみるととにかく従来品と比較すると明るいので発信機があることが一目瞭然です。 今回の工事の参考価格を掲載致しますのでご参照願います。
2018/10/15
自動火災報知設備の誤報の知らせを受けて新潟市中央区にある共同住宅にお伺い致しました。 火災報知器の誤報は、経年劣化による故障によるものと、現場環境によるものがあります。現場環境によるものは、エアコンなどの急激な温度上昇・過度な湿度の上昇や結露・風雨の影響等があります。 この中で結露によるものは年間を通じても多くございます。建物の条件や湿度の管理が難しい状況の中では防止することは難しいです。しかし、今回の事例は未然に防止出来る対策の一つですのでご参照願います。
2018/10/12
先日、差動式分布型感知器(空気管)が発報したとの連絡を受け調査にお伺いしました。気温がそれほど高いという訳でもなく、結露や湿気が多い場所でもなく現場に到着するまで誤報なのか?推測出来ませんでした。しかし、現場に到着すると工場内は粉塵が多く発生していました。(これが原因なのだろうか?)調査させて頂きました。
2018/10/09
便所については感知器の設置を要しない場所であるが、ヒーターを内蔵した機器が設置されている場合は感知器の設置を指導するものとする。また、便所に付随した洗面所に温水器、ガラス曇り防止機器等のヒーターを設置した場所も同様とする。

さらに表示する