ダクト用換気扇交換工事(新潟市北区|共同住宅)

先日実施させていただきました換気扇交換工事についてご紹介いたします。

 

竣工より数十年の共同住宅です。

対象の換気扇は、製造から20年近く経過しており、耳障りな異音が発生するような状態になっていました。

お住まいの方もだいぶ我慢されてお使いになっていたようです。

浴室の天井面に埋め込まれているダクト用換気扇です。

今回の納入品です。

本体、グリル(カバー)、ダクト接続口がセットになっています。

設置状況によっては天吊金具が必要になりますが、今回は不要でした。

本体を天井面から抜き出し、ダクト接続口をダクトから外します。

ダクト接続口をダクトへ差し込み、隙間ができないよう確実にダクトテープを巻きつけます。※ダクトテープは対候性、粘着力、手で切れる、など重視して選びます。

電源ケーブルを本体に接続し、本体とダクト接続口をはめ込みます。その際「パチン」という音で確認します。

最後にグリルを取り付けて据え付け作業が完了です。

現行品は低騒音設計になっている為、動作の確認をしていただくと、運転時の静かさに驚かれる場合が多いです。

換気扇の耐用年数は、使用環境によって異なりますが10~15年と言われています。

異音がする、吸い込みが弱く感じる、動かない…などの状況にお気づきになりましたら、是非ご一報ください。

以上、換気扇交換工事についてご紹介いたしました。

最後までご拝読ありがとうございました。

 

今回の工事見積りを最後に掲載させていただきます。

ご参考になれば幸いです。