自動火災報知設備工事

自動火災報知設備改修工事(新潟市北区|工場)
新潟市北区の工場のお客様より自動火災報知設備更新工事のご依頼を頂きました。火災受信機の経年劣化により交換させて頂くことになりました。 日本火災報知器工業会では、火災報知器の交換時期についての推奨年数を左記の通り設定しております。 ●火災受信機15年(※20年) (※電子機器部品を多用していない機器) ●煙式感知器10年 ●熱式感知器(半導体式)10年 ●熱式感知器15年 ●発信機20年 ●地区音響装置20年 推奨年数を記載致しましたが、製造年より25年以上も故障も無く警戒してくれる感知器や受信機もあります。当社では使用環境や状態を見ながら交換の時期をお客様にお伝えしています。
転職・求職希望の方へ当社の仕事内容ご紹介(当社の差別化|ニッチなケイパビリティとは?)
Q:「他の会社は消防設備のみ・電気設備のみ・空調設備のみと専門化している会社が多いですが、何故幅広い設備を扱うのですか?」 A:当社は、新潟市内を中心に営業しております。「消防設備会社」「電気設備工事会社」「空調設備工事会社」と専門化している会社は多くあります。当社も「消防設備」からスタートした会社ですが、先発企業いる業界で競争力を高めるには戦略的な主眼を置いた専門化を目指していかなければなりません。 当社は、ニッチなケイパビリティ企業を意識しています。もっと便利に快適にだけでなく社員が成長の喜びを感じながら既存の枠組みを変えて行ける可能性を追求し続けて行きたいと考えております。端的に申し上げれば競合企業との差別化だからです。
3種煙感知器交換工事(新潟市江南区|食品工場)
新潟市の消防設備・電気設備・空調設備工事会社のエフ・ピーアイです。ブログをご覧になって頂きありがとうございます。今日は、新潟市江南区の食品工場樣にて連動用3種煙感知器の交換工事を実施致しましたのでご紹介させて頂きます。 煙感知器は、動作感度の違いによって1種・2種・3種と3種類あります。1種が一番感度が良いですが、一般的には2種煙感知器が使用されます。 今回は、3種煙感知器の交換を実施させて頂きました。3種は、防火戸や防火シャッターの連動動作用として使用されます。一番感度の鈍い3種を使う理由は、誤動作によって防火シャッターや防火戸が閉鎖すると二次災害につながるので、煙濃度が高くならなければ動作しない「3種」の煙感知器が使用されます。
火災受信機交換工事(新潟市北区|倉庫)
新潟市北区の倉庫のお客様より火災受信機更新工事のご依頼を頂きました。火災受信機の経年劣化により交換させて頂くことになりました。 日本火災報知器工業会では、火災報知器の交換時期についての推奨年数を左記の通り設定しております。 ●火災受信機15年(※20年) (※電子機器部品を多用していない機器) ●煙式感知器10年 ●熱式感知器(半導体式)10年 ●熱式感知器15年 ●発信機20年 ●地区音響装置20年 推奨年数を記載致しましたが、製造年より25年以上も故障も無く警戒してくれる感知器や受信機もあります。当社では使用環境や状態を見ながら交換の時期をお客様にお伝えしています。
落雷被害 R型火災受信機基板交換工事(新潟市江南区|工場)
新潟市の消防設備・電気設備・空調設備工事会社のエフ・ピーアイです。ブログをご覧になって頂きありがとうございます。今日は、新潟市江南区の工場樣にて落雷被害の火災受信機基板交換工事を実施致しましたのでご紹介させて頂きます。 落雷による被害は、その日のうちに症状が出ると分かりやすいのですが、数日後や消防設備点検時に確認して分かることがあります。落雷によるものか?経年劣化によるものか?判断が分かれることがありますが、近隣に落雷があって建物内の電気機器に被害があった場合はその他の部分にも及んでいる可能性がありますのでお気軽にご相談願います。
自動火災報知設備リニューアル工事(新潟市西蒲区|ホテル)
新潟市西蒲区のホテルのお客様より自動火災報知設備のリニューアル工事のご依頼を頂きました。火災受信機の経年劣化及び互換性のある発信機と表示灯・煙感知器も同日に交換させて頂くことになりました。 日本火災報知器工業会では、火災報知器の交換時期についての推奨年数を左記の通り設定しております。 ●火災受信機15年(※20年) (※電子機器部品を多用していない機器) ●煙式感知器10年 ●熱式感知器(半導体式)10年 ●熱式感知器15年 ●発信機20年 ●地区音響装置20年
落雷被害の火災受信機交換工事(新潟市江南区|工場)
新潟市の消防設備・電気設備・空調設備工事会社のエフ・ピーアイです。ブログをご覧になって頂きありがとうございます。今日は、新潟市江南区の工場樣にて落雷被害の火災受信機交換工事を実施致しましたのでご紹介させて頂きます。 既設の火災受信機が落雷被害により殆ど動作しない状況になりました。まだ新しい火災受信機ですが、最初に調査に入った際に落雷後からの症状だと言うことで症状からも落雷によるものと断定致しました。落雷は頻繁に起こる事ですが、電気を通す製品であれば何が被害に遭うかはわかりません。しかし、ここまで故障するというには相当な雷が入ったことは間違いありません。
自動火災報知設備新設工事(倉庫)
自動火災報知設備は、建物の用途により設置基準が異なります。倉庫では、500㎡以上の建物に設置義務があります。当初400㎡程の倉庫を新築したけど建て増しをして延べ床面積500㎡を超え隣接地に別の倉庫を建てて雨風を避けるために建物を接続したことにより設置義務が発生した。というのは当社に相談が寄せられるケースです。 この度、消防署の指導により設置義務となり既存の建物ではありますが自動火災報知設備を新設しました。 電源工事・配線工事・自動火災報知設備設置工事の全てを施工させて頂きました。
自動火災報知設備更新工事(新潟市北区|工場)
新潟市北区の工場のお客様より火災受信機更新工事のご依頼を頂きました。火災受信機の経年劣化及び互換性のある発信機と表示灯の他に故障した空気管検出器も同日に交換させて頂くことになりました。 日本火災報知器工業会では、火災報知器の交換時期についての推奨年数を左記の通り設定しております。 ●火災受信機15年(※20年) (※電子機器部品を多用していない機器) ●煙式感知器10年 ●熱式感知器(半導体式)10年 ●熱式感知器15年 ●発信機20年 ●地区音響装置20年
煙感知器交換工事 高所作業編
本日は、高天井の煙感知器の故障により交換が必要になったお客様よりご依頼を頂き交換作業にお伺いして来ました。高所作業車による作業ですので安全面や倉庫内の品物に気を付けながらの作業となります。 日本火災報知器工業会では、火災報知器の交換時期についての推奨年数を左記の通り設定しております。 ●火災受信機15年(※20年) (※電子機器部品を多用していない機器) ●煙式感知器10年 ●熱式感知器(半導体式)10年 ●熱式感知器15年 ●発信機20年 ●地区音響装置20年

さらに表示する